環境教育活動

  • Eボート

    ・10人乗りのボートは、協力して漕ぐことでチームワークの形成に役立ちます。
    ・市民団体や企業のチームビルディングとして活用できます。
    ・水辺の環境教育に最適です。ぜひご体験ください!

  • 川に学ぶ体験活動

    ・川での体験を通じて、水辺の危険を回避するノウハウを学びます。
    ・地域の川で遊び、川の文化を学ぶことができます。
    ・指導にはRAC(川に学ぶ体験活動協議会)や、RESCUE3の資格保有者が指導を担当します。

  • ネイチャー自然体験活動

    ・ネイチャーゲームやプロジェクトWILDなどを用いた自然体験活動。
    ・ゲーム感覚で楽しく遊びながら自然の大切さを学びます。子どもはもちろん、大人も環境を学べるプログラムです。
    ・保育園、幼稚園、小学校をはじめ、市民団体、福祉施設、病院などからご依頼いただいております。

  • 水や水環境を学ぶ体験学習

    ・プロジェクトWETは水や水環境に関する体験学習プログラムです。
    ・地球の水資源について学び、我々各自が水に対する責任感を持つことなどを学びます。
    ・プロジェクトWETエデュケーター(指導者)養成講習会も行っております。

地域支援活動

  • 田倉川と暮らしの会

    田倉川と暮らしの会は、田倉川の魅力を発掘し、川づくり・流域づくりを考え体験し、地域住民と都市住民が豊かな自然の中で交流、共生していくことを目指して、1998年7月に発足されました。
    地域の方々はもちろん、都市にお住まいの方、企業や行政の方など、多くの方々に自由に参加していただき、活動を行っております。

  • ふくい里地里山ネットワーク連絡会

    ふくい里地里山ネットワーク連絡会は、平成18年に正式に発足いたしました。
    生物保全上重要な、里地里山の自然環境の保全をより一層推進するため、里地里山地域で活動する方々が連携交流し、自然環境保全と、その意義の向上のために活動する連絡会です。

  • 日野川流域交流会

    日野川流域交流会は、人々の関心を高める魅力ある日野川を実現させるため、源流域から下流域まで運命共同体として、流域住民が交流連携しながら川づくり活動を展開していくために、1999年11月に設立されました。
    流域各地で川の活動をしている団体「川の駅」と、住民、企業、行政、専門家、漁業組合などが連携、持続的なパートナーシップの形成を目指します。

リーダー養成講座

  • RACリーダー養成講座

    RAC(川に学ぶ体験活動協議会)の定める必修科目(計21時間)履修していただき ます。RACリーダー養成講座終了後、定められた期間の活動経験を積むと、ランクアップの ための講座が受講できます。

  • RAC子どもの水辺安全講座

    子どもを対象とした講座です。 「セルフレスキュー(安全は自分で確保するもの)」の観点から、危機管理の基礎知識を体験学習を通して学びます。
    安全管理は指導者だけが行うものでなく、参加者全員が加わり行うものであるという意識を広め、より安全な活動を実現して行きます。

  • プロジェクトWETエデュケーター養成講座

    プロジェクトWETエデュケーターは、教員、会社員、行政関係者、学生など様々な立場の方がおられます。規定の講習会を修了すれば、誰でもエデュケーターになることができ、プロジェクトWETを使うことができます。
    講習会は18歳以上を対象とした6時間以上の講習会です。

  • プロジェクトWild・ネイチャーゲーム

    プロジェクトWILDは野生生物と自然資源に対し、責任ある行動をとれるようになるこ とを目標とした環境教育プログラムです。ネイチャーゲームはいろいろなゲームを通して、自然の不思議や仕組みを学び、自然 と自分が一体であることに気づくことを目的としています。
    このような講座を開催するアシスタントをいたします。

その他の活動

  • 文化支援活動

    音楽公園など、地域の文化活動のお手伝いをしています。

  • オープンハウス活動

    地域の皆様の活動の場を提供しています。これまでにも音楽公園や講演会をはじめ、様々な用途に使用していただいています。

  • 出版物の編集支援

    これまでに、冊子、読本、パンフレットなど様々な種類の編集に関わってきました。

  • まちづくり

    まちのコンテンツづくりをコンサルティングいたします。