Books出版物

  • 「川と生きる福井の歴史」

    2014年10月20日発行
    監 修:本多義明
    編著者:加藤哲男・稲葉隆夫・齋藤重人・宮本好昭
    発行者:一般財団法人地域環境研究所
    B6版 モノクロ 149ページ

    内 容:
    本書は、福井地域の人々の川を取り巻く様々な営みを取りまとめたもので、近世から今日までの川づくり、川と人の結びつき(交流・文化・生態系・産業・偉人・橋など)、福井が目指す川づくりの方向性を提言しています。

    環境文化研究所の関連事項:
    ・執筆者(第二部第一章「水辺と人々」を田中謙次が執筆

  • 「水源の森マップ(高倉谷)」

    2014年3月発行
    発行・編集: 環境文化研究所
    A5版 フルカラー 4ページ

    内 容:
    「水源の森」は、たくさんの生きものがすみ、土砂災害をおさえ、豊かな水をはぐくみ、下流へ流してくれる大切な森です。歴史的砂防えん堤では森から流れる豊な水の滝浴が楽しめます。発見と感動の「水源の森」へ出課かけるためのガイドマップです。
    ※本マップは、森林・山村多面的機能発揮対策交付金によって作成しました。