松ヶ鼻園地のEボート体験

初めてのEボート

松ヶ鼻園地のEボート体験

王子保地区自治振興会さんが中心となって松ヶ鼻園地を楽しく利用しながら
大人も子どもも一緒に整備をされています。
今日はEボート体験とひまわりの種まきと芝はりとBBQという盛沢山な企画です。
環境文化研究所ではEボート体験を担当させていただきました。

P1130947
この日は風が強かったのですが、青空に新緑が映える美しいお天気でした。
Eボートは初めてという方ばかりでしたが

P1130951

親子で、お友達同士で息を合わせてパドルをこぎます。
コースにはEボートで川の中に入らないと見えない
旧松ヶ鼻用水をみんなで見学しました。
DSCN3582
重機もなにもなかった時代に
人の手で掘られたトンネルです。
貴重な場所を見ることができました。
P1130957
上流に進んでいくと川の透明度が変わっていきます。
思わず手を入れてしまう子どもたちばかりです。
透明になると、魚はいないかな?と探してしまうのも子どもたち。

写真 2016-05-05 午後1 37 46

 

DSCN3624
体験の後はみんなでボートの片づけ。
ボートに水をためてタオルで拭きます。
子どもたちは喜んでお掃除です。
お陰であっという間にきれいになりました。
体験中は
「魚釣りをしてみたい」
「飛び込んでみたい」
「大きな鯉を探したい」
など、子どもたちからは川でやってみたいことが
どんどんあふれてきていました。

次はもっと暖かくなったときに
ライフジャケットを着て川流れを楽しみましょうね!

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG