幼稚園児とネイチャーゲーム

感覚も発想もとっても豊かな子どもたち

近くの幼稚園に行って、
ネイチャーゲームをしました。
4歳児が55名、5歳児が32名と
1人ではあまりに多すぎなので、
他のリーダーの協力も頂いて、
2日に渡って実施しました。
このくらいの子供達は、
理屈より触感的に自然を感覚的に
捉えることが得意で、とっても楽しそう。
ドングリやカエデの種を使ったり、
折り紙遊びをして、
盛り上がりました。
ネイチャーゲームからは、
「森の色あわせ」
「ノーズ」
等をしました。
ネイチャーゲーム02 ネイチャーゲーム01
園庭と学校の植え込みで
いろんな色を探しました!
秋の日なので、
黄色や赤に桜の葉っぱを
持ち寄る子供が多い中、
茶色にカマキリを捕まえてきた子や、
毛虫を見つけて、いろんな色に合わせたりと、
自然の楽しみを自ら見つけながら、
とっても楽しい時間でした。
1日目に一緒に遊んだ子供達が、
2日後の再訪のときに、
「けんニィ~!」って駆け寄ってきて、
「一緒にあそぼー!」
って誘ってもらい、嬉しかった!(*^^*)
子供って、ホント可愛いですね。
しかも、発想も無限大!
毎回、楽しく共感させて貰ってます。
また、みんなで自然遊びしましょう!

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG