「足羽川お花見クルージング」1日目実施

雪解け水が流れ込んで…

2015年4月2日
ふくい春まつりの会場内で「足羽川お花見クルーズ」1日目を実施しました!

今日は昨日の雨と雪解け水の影響で普段より水が多く
また、流れも少し早かったので 周遊コースから変更してダウンリバー! 上流からEボートをスタートさせて九十九橋の手前の船着き場へのコースです。

Eボートに乗り込みスタートすると 流れに乗ってスイスイスイ。 見た目より流れが速く 「もう終わり?」という感じに。 残念ながらゆっくりお花見とは行きませんでした。

しかし、ボートから降りた後に「どうして今日は川の水が多いのかな?」と いうお話を子供たちにさせていただきました。 昨日、雨が降ったことと、山々の雪解け水が流れ混んでいることなどを説明しました。

遠くの山の雪解け水が川に流れ込み街の川の水が増える。 こんな風に遠くの山と街がつながっているんですね。 Eボートは残念でしたがこういった川を見ると いよいよ、春になってきたなぁと思います。

P1040484

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG