足羽川、地元の川で川体験!

大切にしたい地元の川

福井市東郷地区はお米の産地で有名なところです。昔から水とのかかわりがとても深い地域です。今日は、この東郷地区の親子の方々と一緒に地元の足羽川を楽しみました。

町内を流れる川は知っていても、足羽川ではあまり遊んだことがないということで、ライフジャケットを着用して浮いたり泳いだり楽しみました。

(川の安全な流れ方でスイーッと流れてます)

 

(プールとは違った川の泳ぎ方)

スローロープレスキューは親が子供を助けてみる視点でチャレンジしましたが、なんと、この地区のお母さん方は一発で成功!する凄腕の方ばかり!!安心して川体験ができそうです。

(スゴイ!レスキューできた!!)

誰かが捕まえてきました、「アユ」!

(触らせて~!みんな興味津津^^)

もっと、他の生き物はいないかなぁ。。。ということで、生き物探しが始まりました。

(タモ網片手に、どこにいるかなぁ)

最初は魚がたっくさんいるので魚を捕まえるはずでしたが、ヤゴやエビ、ハゼの仲間など、思っていたよりいろんな生き物が見つかって大喜び!意外な生き物との出会いで子どもたちは大はしゃぎでした。

お母さんはやさしく小魚をすくい上げ、捕まえていました。さすがお母さん^^!

(上手に1匹捕まえました)

気温が高く水量が少ないため、水温がとても高く、温い川でしたが、地元の川としてこれからも大切にしていただければ嬉しいです。

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG