Eボートで日野川中流域の今昔を散策

大切な川を感じて、知って、思って…

Eボートで秋の日野川を散策しました!
謙光舎さまの主催で、日野川を感じる、知る、思うといった趣の体験活動で当研究所はEボートでご案内の役を担当させていただきました。参加者は8名ほどで、ゆったりとした秋の午前中を過ごしました。

初めは久保田さんから日野川クイズでアイスブレイク。ひのがわの「へぇ~」ってことがクイズになってとても楽しかったです。数十年前の白黒写真ではこの付近で海水浴ではなく、「川水浴」を楽しむ大勢の方が写っており、参加された方から昔を懐かしむ声も出ていました。

川は非常に穏やかで水位も低くとてもゆったりとした雰囲気でした。
周りの生き物を感じながら、川の構造や昔との違い、ゴミなど、様々なことを感じながら一体感を持ってパドルを操作していました。
みなさんが自由に多様なことを感じることができる、このようなゆったりとしたイベントはとてもいいですね。またやりたいです!
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG