ダム湖でボート探検!

ボートで自然観察してたら思わぬ発見も…⁉

本日は、ふくい緑ネイチャーゲームの会主催の自然観察会。

久しぶりに私も参加しました。

というのも、今回はダム湖でボートに乗りながら自然観察しちゃおう!ってことで、すっかり楽しんできました。全国的な悪天候の中、何とか大雨にならず時折雨が上がる運のよいお天気の中で、いろんなものを発見してきました!

何といっても不思議なのは木の下にぶら下がるフワフワしたコレ!ご存知の方も多いそうです、モリアオガエルの卵ですね。水面の上にそしてひっそり隠れるようにたっくさんありました!しかし、水中じゃなくて陸上の卵ってよく考えて産みつけてますよね。

ボートは山から流れる滝にも出かけました。

よく見ると、石積みの上に何やら怪しい物体が!ワニ!?オオサンショウウオ!???

(石か流木が生き物のように見えますね^^)

 

最後はみんなでふりかえり。森へネイチャーゲームに出かけたチームが何やら見つけてきました!なんだ!??

はたして、その正体は。。。

 

ナナフシ!!

ネイチャーゲームインストラクターのヒゲ林さんが、見つけてきました。ご本人も天然のナナフシを見たのは初めてとのこと!!

豊かな自然がいっぱいの勝山山中での楽しい自然体験でした。

かなり良い場所でしたのでまた行きたいです!!

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG