9月27日|Eボート足羽川川下り

久しぶりに、足羽川をEボートで下ってきました。

毎年秋の恒例行事で下っていましたが、新幹線工事に伴って数年は下れませんでしたが、なんと今年から再開!

数年前の川とは様子が変わっていて、渕ができていたり、新たな中洲ができていたりして、自然の動きに驚きです。

前日まで結構な雨が降っていましたが、開催当日は晴れ☼!

ついてますね( ´∀` )

足羽川の秋は水鳥も多くやってくる季節で、いろんな出会いもありましたよ。

今回は2艇で仲良く下りました。異なる2色だと雰囲気いいですね!

北陸新幹線が工事中です。その橋を下から覗いてみました。手前が新しい橋で、奥がJR北陸線。トラス橋は美しくて見ごたえがあり、新しい橋は真新しいコンクリートのにおいがしていました。

で、どうしても毎回しちゃうのが、飛び込み。

みんな着替えはどうするんだろう。。。まっいいか(笑)

漕ぎ終わった後は全員でボートを撤収します。どっちのボートが早く片付くかな??

ここまでが体験活動で、みんなで協力しながら行います。

今回は水量が程よくあったため、スピードにも乗って楽しい川下りでした。

次回は、10月3日(土)の、午前と午後のコース。

また違った自然環境を楽しみながらボート下りをしましょう!

 

 

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG