【6月2日】キャニオニング

誰でも楽しめるキャニオニング

本日は今シーズン初のキャニオニングでした。
(今年は5月末からのオープンで一番乗りしていただきました~♪)

最高に楽しいキャニオニングを楽しんで頂きましたよ!

お客様はこちらの皆様です。

DSCN4296
皆さん、川に入る機会はほとんどないそうです。
今日は思いっきり竹田川に身も心も浸って頂きましょう!

では、スタートポイントからLet’s Go!
川に入ると「冷たい!」の声。

P1140532

竹田川の水温は冷たく、夏でもあまり変わらないのが特徴です。
今日は気温が上がらなかったので外気温との温度差が少なく
寒く感じたのかもしれませんね。

先ずは鱒がえしの滝へ
全員、滝の裏側へ入ります。

P1140555

DSCN4315

滝の裏側を楽しんだ後は
一斉に、カーテンをくぐりぬけて外へ!

P1140567
歩きにく所は両手両足を使って歩きます。
ゆっくりと確実に前へ進みます。

P1140580

自然に出来た窪みで
全員そろって記念撮影!
天気が良すぎて、お顔が白くなって
おりますが、お許しを(笑)

P1140598
少し寒くなってきたので
太陽に向かって手のひらをあてると
ポカポカとしてきます。
指先に暖かさを感じます。

P1140590

コース中盤。
皆さん慣れてきて
ぷかぷか浮きながらニコニコ笑顔

DSCN4367

DSCN4370

P1140600

DSCN4372
大岩と大岩の間から勢いよく
水が流れています。
そこに体を入れると、、、

DSCN4394

P1140623

水の勢いを楽しんで頂きました。
飛び込みへポイント到着
応援の声を聞きながら
おもいっきりジャーーーンプ!!

P1140625

DSCN4402
最後は鱒がえしの滝の上から
滑り下ります。
滝の上は水が勢いよく流れ落ちて
その勢いに乗ってGO!

P1140659

P1140671
笑顔が素敵です!

<参加者の感想>
・もっとたくさんの岩があり、歩くときに痛いのあと思ったが意外と大丈夫でした。
・上を見上げると美しい緑を見ることが出来た。直ぐ目の前を見てしまうが他の角度から見ると違った一面があることを知った。普段も良いものを見過ごしているのかもしれない。
・泳げなくて心配だったけど大丈夫でした。
・川を歩くのはむずかしいかな。

 

晴天が続き、今回は水位が少し低い状態でしたが、皆さんにたっぷりと体験していただきました。
普段、川には入らないというお客様でしたが、川の楽しさやその周りの環境の美しさと雄大さを感じていただきました。

キャニオニングは女性も安全に、楽しく体験できます。
また、こういった体験は20代、30代の若者だけのアクティビティと思われがちですが竹田川のキャニオニングは色んな世代のかたに楽しんでいただけますよ。
活動中に野鳥のさえずりを聞いたり、水生生物を探したり、大きな石の上で休憩したり。
竹田川の自然をたっぷり感じてもらえるアクティビティです。
ぜひ、今年の夏は「キャニオニング」を楽しんでみませんか?

 

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG