【9月7日】竹田川キャニオニングツアー開催!

激流の竹田川に挑む6人組!

9月7日。竹田川キャニオニングツアーを開催しました!

今日はかつてない程のHIGH!HIGH!HIGHウォーター!

いつもは優しい表情の清流「竹田川」も今日は激流の表情!

そんな激流の中、参加してくれたのはこの精鋭達!

P1100466

 

大阪から参加してくれた男性4人、女性2人の6人組の皆さん。

会社の同僚で参加してくれました!

P1100485

 

今日の竹田の気温は21度しかなかったのですが、水温は思ったより低くなく、

皆さん竹田川に入って元気!元気!元気に!はしゃいでました!

P1100495

流されそうになりながらも水に浮く練習をし、ライフジャケットの大切を実感。

激流の中でも、ライフジャケットを付けていれば安全なんだと、実際に浮力を味わいながら体感されていました。

P1100515

 

今日の水のカーテンはとても分厚く、入ってくる参加者を寄せ付けない表情。

それでも果敢に立ち向かう参加者の皆さんはまるで勇者の様でした。すごい迫力!

DSCF4459

そんな水のカーテンの上流を参加者皆さんで協力しながら渡り…

P1100551

 

やはり今日もやりました!竹田川スライディング!

P1100582

いつもは滝の端から端まで水が流れる事なんてないのですが…

今日はたっぷり滝から水が流れていて、スライディングも動水圧が凄く、

スピードが速い!速い!迫力満点でした!

(参加者の感想)

めっちゃ楽しかった!
水温が思ったより冷たくなかった。
水量多かったけど怖くなかった!
もう一回行きたい!

などの感想を頂きました。

(ガイドの感想)

今シーズン、何度も竹田川でのキャニオニングをしてきましたが、

今日は今までにあまり体験した事ない程のハイウォーターでした。

参加者の皆さんが安全にツアーを終われるように全力をつくして、

無事、皆さんが笑顔で「ありがとうございました!めっちゃ楽しかったです!」と、

言って頂けて本当に嬉しかったです。

また皆さん!大阪で竹田川キャニオニングが懐かしくなったら…

いつでも遊びに来て下さいね!

今度は優しい表情の竹田川がきっと迎えてくれると思います。

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG