FM福井 夏休み!親子野外体験プロジェクト開催!

いざというときのために…

坂井市丸岡町竹田地区でFM福井 夏休み!親子野外体験プロジェクトが開催されました!

防災・避難をテーマに、実際に災害にあった場合、炊飯器が無くても御飯が炊ける。

また、川へ遊びに行くときの安全な方法や

溺れた人を発見した時の対処法やレスキュー法などを

親子で体験して頂ながら学んで頂けたらと開催されました。

P1090226

開催地にもなりました丸岡・竹田地区からも竹飯盒製作の講師として

地元の方に参加していただき、福井県から集まった参加者と竹田の方の交流もあって、

とても有意義な時間となりました。

P1090232

 

災害現場でもすぐに手に入りそうな物で用を足そうと、

実際にペットボトルを切って即席ボールを作ってお米を研いでみたり

P1090256

竹田地区に青々と延びていた竹を実際に切って竹飯盒の飯盒を作ったりしました。

P1090258

竹飯盒はなかなか難しく…竹の節の1つを利用して、飯盒を作るのですが、

ちょっとでも手元がくるうと、蓋がずれてしまったり、節の部分に穴が空いて、

蒸せなくなったりしてしまうので、作るのに参加者の皆さんは必死でした。

でも、実際に体験しながら子供達はお米を炊く原理を自然と学んだと思います。

P1090271

参加者によってばらつきはあるものの、実際に炊きあがったお米はふっくらしていて、

とても美味しそうでした。

P1090278

イベント当日はマイ食器持参でしたが、この参加者の方は食器までも竹を利用して、

作っておられましたよ!

P1090279

即席で作ったお皿も、実際に野菜やお漬け物、サラダを並べると、

とても涼しげで夏らしく風流でした。

その後は!お楽しみの竹田川に入っての体験!

P1090307

川で安全に遊ぶための方法や溺れた人を発見した時のレスキュー法を実際に体験していただきました。

P1090314

 

最後は参加者全員で70メートルの距離を一斉に川流れ!

水中眼鏡をしている子供達は実際に川の中を覗いてみたり、

身を川の流れに任せて、気持ちよく流れてみたりと思い思いに楽しんでらっしゃいました。

 

参加者からも親子の絆が深まったなどの感想を頂き、

夏の思い出を作りながら「災害に遭った時」「避難所でできる事」「生きる力」について、

参加者それぞれが考えてくれた1日だったと思います。

この日にあった事を家で思い出しながら、もう一度、防災・避難について考えて頂けたらと感じました。

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG