「森」×「本」×「ゆったり」で特別な時間!≪活動報告≫

憩いの空間で過ごす気ままな時間…

「森」×「本」×「ゆったり」で特別な時間!が開催されました。 爽やかな天気のなか、いろんなものを見つけながらゆっくりと歩きました。

1写真< おしゃべりしながら歩きます>

いっしょに歩いた子供たちの感性が大変素晴らしかったです。 虫、花、葉っぱ、石、土、など目に入る「気になる」ものにアンテナ全開! そして、そんな子供たちに刺激を受けて大人たちも目がキラキラと輝いてきました。

2写真<細長い葉っぱを見つけて草笛~♪>

3写真<変顔対決?!>

4写真<自然の草花で素敵なブーケ☆>

 

森の大きな力を見ることも出来ました。大きな岩を木の根ががっしりとつかんでいます。

5写真<根っこの役割はとても大きい>

 

今日の目的地「西高倉えん堤」

明治時代に後期に建造された砂防えん堤です。6写真<たくさんの人が大きな石を積んで造った歴史的砂防えん堤>

 

お昼はサンドウィッチ!自分で具をサンドして食べました。

7写真

8写真

 

・・・食事の後はゆったりとした時間・・・

9写真<子供たちはお絵かきタイム>

10写真<大人は読書タイム>

 

気持ちのいい季節。森に守られながら素敵な時間を過ごすことが出来ました。 普段、森へ行くことは少ないかもしれませんが森には人をリラックスさせる大きな効果があります。 森が持っている役割は様々ありますが、今回は「癒しの力」をたっぷりを感じることができました。

11写真

また、違う季節に森へ行きましょうね!

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG