「ストレスフリーハイキング」体験レポート|2022.04.20

3月から始まった「ストレスフリーハイキング」
4月20日は2名の女性にご参加いただきました。

この日は天候に恵まれてあたたかい日差しの中、実施しました。

ストレス解消には運動が効果的。
ハイキングで体に負荷をかけ、瞑想で「今、この時間に集中」する体験をいくつかこなすことで「ストレスフリー」な習慣を身に着けてもらうことがこのプログラムの目的です。

まずは河原で「呼吸瞑想」
その後は登山口まで歩くことに集中する「歩行瞑想」
帆山神社から登山口を入ると、竹林が広がっています。
静かなところで腰を下ろして「聞く瞑想」
この後は登りルートをしばらく歩きます。
距離は短いですが、少々急な上り坂を登っていきます。
結構な筋トレになります!

登り坂が終わると尾根づたいに「歩行瞑想」で移動します。
登り口まで歩いた「歩行瞑想」は簡易版で、こちらは禅宗の修行にある「経行(きんひん)」を応用してします。
歩くことに意識を傾けて、足の感覚や動きに集中します。

シャガの花がこれから見頃です。
急斜面を下ってきて少しお疲れモードでしたが、花に癒されたのかにっこりポーズ。

最後は「葉っぱ瞑想」
自分のなかで「手放したいこと」を笹の葉っぱに指で書いて、笹舟を作って流しことで「手放した」という行動をすることで実現に向けて行動できるようにと願う瞑想です。
無事に流れてくれました。

またご参加お待ちしています。

ありがとうございました~

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG