竹田川キャニオニングツアー開催

思わず子どもにかえる…

竹田川キャニオニングツアーを開催しました!

今回は男性2人女性2人のグループと男性2人女子1人のグループ。

P1140945

 

今日は気温は低かったものの水温はそれほど低くなく心地よい感じで

キャニオニングを楽しめました。

P1140956

竹田川の清流と気持ちいい水温に皆さんのテンションもマックス!

皆さん思いっきり水を掛け合っていました。

P1140961

さらに竹田の大自然を見て参加者の表情にも笑顔も自然とこぼれます。

P1140975

 

滝のカーテンでは皆さん水の勢いに負けそうになりそうながら必死でくらいつき、

なんとかカーテンの裏側に入っていました。

P1090795

 

竹田川の緑のトンネルは今日も参加者の皆さんを大きく包んでくれます。

P1150022

 

大きな岩をぐるっと一周。沢登りを少し体験してみました。

水に足をとられそうになりながらも参加者の方は頑張って登っていました。

P1090824

 

ツアー途中では水生生物の話をしたら参加者の皆さんは夢中になって探し始めました。

写真の参加者の皆さんは「どこ?あ!いた!いた!」と童心に返って探していました。

P1090841

ホワイトウォーターが起きているスポットを参加者の皆さんは頑張って通り抜け

P1150064

 

落ちた先では思いっきり竹田川の水を被っていました!とても気持ちよさそう!

その先ではジャンプ台が参加者の皆さんを待ち受け

P1150083

 

若干1名の方がジャンプするのを断念しましたが、ほぼ全員!

元気に飛び込んでいきました!

写真の方はベストジャンプを決めていましたよ!

今回はお盆スペシャルバージョンで大人数参加なのに!なんと2回も飛び込めました!

P1150145

そして!やはり人気だったのは最後の竹田川スライディング!

これもお盆特別バージョンという事で特別に2回!

2回目は2人連なって次々とスライディングしていました。

(参加者の感想)

ジャンプがとても楽しかった!

水もそんなに冷たくなく、今回は水量が少なかったそうなので、

今度は水量が多い時に来たい!

地元が近くなんですが、こんなに楽しい遊びをしているのを初めて知った。

子どもの頃は川に飛びをしても体が軽かったのに、今はとても重くなったのを感じた。

大人になったことを改めて実感。

今日は一緒に来られなかった仲間がいるので、また絶対連れてきたい!

・・・・などの感想を頂きました。

(ガイドの感想)

今回参加された皆さん本当に元気でした。

1グループはいつもみんなでフットサルをされているそうで、

「今日もこの後、フットサルの練習に行くんです!」とおっしゃってました。

無事練習できたでしょうか?

キャニオニングのガイドをやっていていつも思う事は、

やはり皆さん童心に返って思いっきり楽しんでくれるのが嬉しいという事。

水中生物を無我夢中で探していた今日の参加者の皆さんの顔を僕は忘れません。

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG