川のお掃除大作戦☆

皆さんにめいっぱい楽しんでもらうために!

本格的な川の活動を前に、日野川のゴミ拾いと、危険箇所の除去(川に張り出した枝払い)を行いました。
ごみは相変わらず無くなることはありませんね。中でも空き缶が多く、人間にとっても魚にとっても危険度最大です!
みなさん、とにかく川にごみを捨てないところから、始めてみましょう。

(RACリーダーによるゴミ拾い中です)

(コンクリートと鉄筋。こんなに危険なものも落ちているんです^^;)

川の流れが岸に当たる付近で、川に飛び出る枝はストレーナーといって、ボートなどで下ってきたときに枝に引っかかると、大変危険です。

出来る範囲で枝払いしました。ヤナギなのでまた来年にはたくさん生えてると思いますが、毎年少しずつ手入れしていきます^^;;

(川に飛び出た枝を伐採中。皆さんは危険なのでマネしないでください)

(伐採後、危険なストレーナーは無くなりました!)

終了後は、川の体験活動のリスクマネジメントをガイドさんたちで共有し、安全対策に努めています。

(危険箇所の洗い出しや、催行中の危険予防を共有してます)

今年も皆様のご参加をお待ちしております!

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG