トントンギコギコ体験

みんな夢中でトントン!ギコギコ!

3月5日(日)に越前市文化センターで行われた、「映画 『トントンギコギコ図工の時間』を観る会」に参加してきました。
ギコギコ トントン

写真はその時に屋外の会場で行われた「トントンギコギコ体験」の様子です。用意していただいた木材、のこぎり、トンカチ等を使って好きな物を好きなように作るのです。
当日はぽかぽかの晴天とあって体験会場は子どもたちでいっぱいでした。どの子も真剣なまなざしでのこぎりやトンカチを使い、自分の頭に描いたものを一生懸命作っていました。子どもというのは何かを作り出す天才だなぁと感心してみていました。
13:00からは文化センターの大ホールでコンサートがありました。「ムジカ・ポット」さんがピノキオのお話を映像と朗読と楽器の生演奏ですてきに演出してくれました。子どもたちは夢中で見ていました。
その後は丸ちゃんバンドと皆さんが「どのこも子どもは星」という詩を歌にして歌って下さいました。ジンとくる歌詞で本当にすてきな歌でした。
14:00からは映画「トントンギコギコ図工の時間」が上映されました。文化庁文化記録映画優秀賞受賞、2004年キネマ旬報ベストテン・文化記録部門第3位の作品だそうです。
子どもたちの作り出す物の可能性の無限さに感動し、そういう場を与えてくれる先生その他の存在がいかに大事かということを感じました。

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG