地学でサバイバル|2021.10.31

去年に引き続き、大好評の「地学でサバイバル」を行いました!

今年のテーマは地学を学べば防災が見えてくる!

私たちの生活と地学は実は密接な関わりがあるのです!

さて、当日の報告ブログです🍂

今回は火と水に焦点を当てて体験をしました🐾

手作り浄水器をつくっていきます💧

今回はコーヒーやミルメークを使って匂いや味の変化を観察しました👀

砂やれきの入れる量、押し固める強さなど

ちょっとした違いから結果が大きく変化しました!

地面の下も同じように出来て地下水が通っていると思ったらなんだか大発見した気分✨

次は上昇気流について学びます

百聞は一見に如かず!まずはご覧あれ😳

まるで入道雲!!☁
雲や雨が上昇気流によって発生することがわかりましたね👀

さて、その上昇気流を応用していよいよ火起こし体験です🔥

自分たちでつけた火でランチを🍽

マシュマロやウィンナー、食パンなど

みんな個性あふれる昼食となりました🥪

午後からは防災レース🛶

家族で力を合わせてボートで救助に向かいます!

声掛けやどう漕ぐか工夫しながら漕いでいきます。

「防災」というワードはニュースなどでは随分よく聞かれるようになりましたが、

地学をテーマにすると、わかってくる幅もスピードも

グンとあがっていましたね!

また、おうちでも家族と一緒にやってみてね😁

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG