福井まるごとPiverpoolレポートin足羽川

夏になるとプールで子ども達が遊ぶように、川でみんなが遊んで欲しい。

でも安全に楽しく遊ぶには正しい知識をもった大人が必要。

身近な保護者や学校の先生、地域の人々が知識を持ったら

子ども達は安全に自分たちの地元の川で遊べます。

そんなリバープールをたくさん作っていきたい!という思いから、

今年度我々は「福井まるごとRiverpool(リバプール)」という計画を実施しています。

「危ないから川に行っちゃいけない」ではなく「どこが危ないのか、安全に楽しく遊ぶにはどうしたらいいのか」を

より多くの人が知るきっかけになれればと思います!

さて、そのリバプール計画第一弾として、池田町足羽川でRACのアシスタントリーダー養成講座を行ってきました!

普段から子どもたちと体験活動を行っている皆さんが参加してくれたということもあり、

自分たちならどうするか、を常に考えながら取り組んでいました!

座学でしっかり川についての基礎知識や技術を学びます。

早速川に入って実践編!

ライフジャケットを装着し、お互い緩みがないか確かめます

 

川に慣れるためのアイスブレイクから

さて、体も川の水になじんできたところで基本の流れ方からやっていきます

 

川での泳ぎ方も学びます。

座学で学んだことを実際のフィールドで再確認

川の水圧を体感しながら川を歩きます。

水に浮くスローロープを使ってレスキュー方法も訓練します。

最後はSUP講座です。

初めての方が多く、戸惑いながら楽しみながら学んでいました!

今回の講習を通してみなさんの体験活動もさらにレベルアップされるのを楽しみにしています!

みなさん、お疲れ様でした!

体験レポートの最新記事8件

>一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

一般社団法人環境文化研究所のミッションとは

環境文化研究所は、自然環境、民俗文化、伝統技術などを後世に繋ぎ、持続可能な社会を実現するため、専門性と豊かな個性を有する研究員が蓄積している多様な経験や知識を活かし、企業・行政および専門家等による連携活動に参画し、地域発展を支援する活動とともに、地域の暮らしや体験を通じて自然の恵みを巧みに活用する技術と知恵を身に着けた人材を育成し、持続可能な社会の実現を目指す価値観の醸成を図ること、および地域の自然資源や人文資源などの地域資源を生かした産業を育成し、雇用を創出することで環境保全および地域振興に寄与することを目的とし、1997年1月1日にスタートしました。2016年7月11日に、一般社団法人として設立し、更なる地域貢献を進めていきます。

CTR IMG